就職に必要な面接態度 - 就職必須情報

就職必須情報 > 就職に必要な面接態度
労働事情

就職に必要な面接態度

就職先が決まるまでの経緯の中で、大切なことは目指す就職先での面接です。
就職するためにはこの面接を欠かすことはできません。
面接はどんな点に注意を払い面接を受けることが必要でしょう。

まず、面接官が言われることは最初の第一印象の重要性です。
第一印象とは、どんなことかと言えば、最初のドアを開けた瞬間から始まるでしょう。
面接官への最初の挨拶がはっきりしているか、視線は定まっているか、服装や髪形等は整っているか、お辞儀の仕方や返事の際の表情はどうか、など最初の5分間程度で印象が決まってしまうといってもいいでしょう。

まずは、目でのアイコンタクトは重要です。
面接官の目を見据えて話をすることで、「就職するなら御社です」といった意図を、面接官に伝える心構えで面接に臨みたいものです。
言葉遣い、姿勢、物腰など基本的な表現や態度は事前に練習して慣れておく必要もあるでしょう。
質問への応答はコミュニケーション能力や傾聴の度合いを計ることにもなりますから、質疑応答練習も事前にしておきたいものです。


面接の時の基本的な服装

就職の面接に行く場合、まず一番大切なのは、第一印象になります。
その第一印象の中には服装も大きな影響があります。
一般的に面接時の服装は、男性の場合は、白いワイシャツに黒かグレーか紺色の濃い色のスーツが一般的とされます。
スーツのズボン丈は、短すぎない事に注意が必要です。
ネクタイは、単色か斜め線のストライプ、小さなドットなど、派手目の色は避けるべきですが、落ち着きめの濃い色だったら青系、赤系、緑系など上手にコーディネートすれば好感度アップに繋がります。
鞄はA4サイズの書類が入る位の大きさで、立てた時に倒れない程度のマチ部分がある事が好ましいものです。
靴は黒でシンプルなデザインが主流です。
一方女性の方も白いシャツ、ブラウスに黒や紺色、グレー系、ベージュ系などのスーツが一般的とされています。
スーツの場合は、スカートでもパンツでもどちらでもいいものですが、事務職ならば、女性らしさをアピールできる事でスカートを選んだり、営業職ならば、活発感をアピールするためにパンツと言うように、職種により選ぶ事も方法です。
ストッキングは、肌に近いベージュが主流です。
靴は、5センチ位の目安の高さのパンプスが好ましいとされます。
バックは、男性と同じようにA4サイズの書類が入るようなシンプルなデザインの物が良いです。
男女とも髪型は、表情が良く見える事が大切です。
但し、アパレル関係等など、個性を求める職種の身なりに関しては、事前に確認すると良いでしょう。
なによりも清潔感ときちんとした感の服装を心掛ける事が重要です。

Valuable information

最高級の素材を使用したバースデーケーキ・誕生日ケーキの通販・宅配 洋菓子店カサミンゴー。

大切な人に誕生日ケーキを贈ろう

遺品整理 東京

無地Tシャツのデザイン

商標登録の費用や商標検索や出願調査のことなら特許事務所の猪狩国際特許商標事務所にお任せ下さい。

商標登録の費用・出願や商標調査・検索

2015/2/23 更新

top